伊賀/ 小鴨氏城



ファイルNo0992

                         虎口土塁と主郭内   

@ こがもしじょう 
  別名 

A住所:伊賀市岡田向
    旧:名賀郡青山町 

B目標地点: 
C形式:山城  D比高:40m 
E現況:山林 

F遺構等:郭・土塁・堀 
G時代/人物:室町期/小鴨氏
H満足度: 凸凸
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  墓地から10分

J撮影・訪問時期:2004年03月

  
主郭内土塁

【道案内】 

亀山市より名阪国道(国道25号線)で来ると、伊賀(上野)市の上野東インタで下り、国道422号線を名張方面に進みます。12Km先の阿保の信号で左折し国道165号線に入ります。2Km先で(中山トンネルの500m手前)右折し小さな橋で木津川を渡ります。渡って100m先で細い道に左折し左側の山すそに入ります。すぐに中腹に墓地がありますのでそこまで行きます。ここより徒歩でこの墓地の裏手尾根を右手方向(北へ)山に入る細い道を進むと城跡です。



【訪城備忘録】

場所がわからず国道の反対側の集落山すそをウロウロと探していましたところ、年配の男性が歩いていたので、道を聞きましたところ運良く地主さんで、親切に教えていただき山に入る許可もいただきました。城跡は伊賀典型の単郭方形というわけではなく、副郭や櫓台、武者隠しの空堀(主郭北側)をもっています。主郭土塁もさほどは高くないのですが四方を巡り、西側に食い込んだ小郭があったり、南側虎口前面にも半円の土塁と郭スペースがあり馬出し機能のようですが、ここの部分は後世に改変されているのかもしれません。


【歴史】
伊賀の乱<天正七年(1581年)>には小鴨兵衛の名があるとの事です。


  
虎口前の土塁
  
  
  

近くの城・関連の城: