大和 芳野下城



ファイルNo3184


                           頂部背後の堀切

@ ほうのしたじょう 
  別名 

A住所:宇陀市菟田野区下芳野
    旧:宇陀郡菟田野町

B目標地点:
C形式:丘城  D比高:50m 
E現況:山林

F遺構等:郭・土塁・堀切・竪堀
G時代/人物:室町期/芳野氏
H満足度: 凸+
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  麓から5分

J撮影・訪問時期:2016年12月

  

道案内 

名阪国道(国道25号線)の針インタで下り、国道369号線を南下します。約10km先王立橋東詰の信号で右折します。約2.5km先の西峠の信号で国道165号線を横断します。約2km先、篠楽の信号で右折は国道370号線に大宇陀方面に向かいますが、ここを直進します。約1.6km先、芳野川を渡った先の信号で右折し県道31号線に入ります。約10km先の岩崎東口で左折し国道166号線に入ります。2.5km先の新松井橋で左折し再び県道31号線に入ります。芳野川沿いに約1km先、県道が大きく右カーブします。カーブが終わったところからさらに1.6km先の橋へ右折します。150m先左手の丘が城跡です。
訪城備忘録

橋から150m先を左折し100m先に登る小道があります。そこを登ると中腹に大きな削平地があり、ここが居館跡のようです。さらに登ると左手に古い墓地があり、そこをさらに頂上へ登ります。頂上は丸い平坦地で石碑があり、金比羅宮と刻まれています。この裏手に大きな堀切があります。

城跡遠望
歴史

芳野城を参照ください。
中腹居館              頂部
  

近くの城・関連の城: