大和 赤埴下城



ファイルNo2234


                         堀切   

@ あかばねしたじょう 
  別名 

A住所:宇陀市榛原区赤埴
    旧:宇陀郡榛原町

B目標地点:仏隆寺
C形式:丘城  D比高:20m 
E現況:山林

F遺構等:郭・堀切・土塁
G時代/人物:戦国期/赤埴氏
H満足度: 凸+
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  仏隆寺駐車場より5分
J撮影・訪問時期:2009年08月

  

道案内 

名阪国道(国道25号線)の針インタで下り、国道369号線を南下します。16km先榛原区中心部のY字を国道は斜め左を進みます。高架で国道165号線を横切った先のT字を左折します。4.5km先高井地区で斜め左(旧伊勢本街道)へ入ります。250m先の高井バス停付近で左折し、次のY字を右、次のY字を右、最後のY字を左へ入り、仏隆寺へ向かいます。3km先で仏隆寺下に至ります。左手の山上が寺、右手が駐車場です。この駐車場の背後の丘陵が城址です。
 
訪城備忘録

駐車場の裏手、道沿いから簡単に入れます。城跡は、長細い主郭を中心に、両端に堀切を設け、道路側に出郭的な郭を持ち、主郭の下には主郭同様細長い腰郭があります。尾根先端側の堀切は浅いですが二重で、出郭との間の堀切はわりと明瞭に残っていました。赤埴城に比べ、明瞭な横堀堀や際立った土塁も無く、わりと単純な城でした。

櫓台
歴史

赤埴城の支城と考えられます。


堀切                腰郭

  
   城址遠景                 仏隆寺石段とせんねん桜

             近くの城・関連の城: