大和 岩掛城



ファイルNo2168


               背後の堀切    

@ いわかけじょう 
  別名 山田城 

A住所:天理市山田町
B目標地点:山田公民館
C形式:山城  D比高:80m 
E現況:山林

F遺構等:郭・堀・堀切・竪堀・土塁
G時代/人物:室町期/山田氏
H満足度: 凸凸
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  山田公民館・民俗資料館から10分

J撮影・訪問時期:2009年06月・2018年10月

  

道案内 

名阪道の針インターを下り、国道369号線を北上、柳生方面に進みます。約7km先で左折し県道47号線に入ります。約2.5km先、右手に山田公民館、民俗資料館があり、この間の道に入ります。坂道を250mほど登ると砂防ダムの前にでます。この砂防ダムを右側斜面から越え、砂防ダムの反対側にまた下りて、 沢に入ります。左手尾根上が城跡です。 <砂防ダムの壁に凸→のマークが書いてあります。また、説明板は公民館から少し行った岩掛不動明王の下道沿いにあります。>

訪城備忘録

実は2009年に訪城した事を忘れていて再訪しました。それも再訪やったのを気付いたのは家に帰ってからでした。^^; 前はたぶんなかった砂防ダムを越えていきます。砂防ダム前で「凸→」のマークに従い砂防ダムを越えて、砂防ダムは背後の沢を進みます。すでに左手尾根上は城跡です。沢の途中で左側に移り、切通しの道(たぶん堀切)を登ると尾根先端側の郭と主郭の間になります。相当に藪化しています。前回の写真とは違う城に感じるくらいです。先端側郭の西側斜面には畝状竪堀があるんですが、見る気にもならないくらい熊笹に覆われてます。ここの見所は主郭背後の尾根を断ち切ったU字の堀切でしょうかね。また、資料では尾根の上にも堀切状の箇所が三か所あるようで。拡張の途中だったのか、元々尾根の防衛で堀切のみを構築するつもりであったのか。?

説明板
歴史

築城時期は定かでは無いですが、山田氏の居城として築かれたようです。文明年間(1469〜86年)頃には山田順貞(としさだ)<道安>が城主であったようです。順貞は天文年間(1532〜55年)から永禄年間(1558〜70年)の間に馬場城に本拠を移しました。山田氏は、古市氏に従いましたが、その後、筒井氏と姻戚関係を結びましたが、松永久秀が大和に入ると久秀に従いました。

背後の堀切
    中腹の空堀              尾根先端郭を下から(竪堀)
中腹の空堀(下段)
中腹の空堀(上段・スロープ状)
上段の郭背後の堀切                 城跡遠景    
  
砂防ダムから城跡遠望
先端側郭から主郭を見る
主郭背後のU字堀切
主郭背後のU字堀切
主郭背後のU字堀切
背後の斜面と堀切状

近くの城・関連の城:馬場城