伊予 本尊城



ファイルNo3223

本尊城は未訪城です。 下灘駅の紹介ページです。

                            道の駅「ふたみ」からみた本尊山

@ ほぞんじょう 
  別名 由並城、由並・本尊山城 

A住所:伊予市双海町上灘
B目標地点:本尊山・天一神社
C形式:山城  D比高:170m 
E現況:山林

F遺構等:(郭・堀切・石積み)
G時代/人物:南北朝期/合田氏
H満足度: 未訪城
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  ーー分

J撮影・訪問時期:2017年03月

  

道案内 

松山自動車道伊予インターから国道56号線を南へ出ます。800m先の向河原の信号で右折します。500m先の中村交差点の信号で左折し国道378号線に入ります。道なりに約10km先が道の駅「ふたみ」です。さらにその先約6.5km先が下灘駅です。 下灘駅には、国道で日喰というバス停を越えたあたりで左に入り、300m先で予讃線のガードをくぐり、坂を200mほど登ったところが駅です。 駅の前の道は狭く、駐車場も数台しかない駅で、駐車場も近隣住民のための駐車場です。ご注意ください。
訪城備忘録

このページは城跡のご紹介ページではありません。^^;
夕日が留まる駅として有名な無人駅、下灘駅の写真ページです。

歴史

築城者、築城時期ともに定かではないようです。南北朝期に河野氏一族の得能通時が築いたともされ、合田貞遠が寄ったとあるようです。得能道遠は由並氏と名乗り代々の居城としたようです。天正十三年(1585年)、豊臣秀吉の四国攻めに際し、小早川隆景に攻められ、由並通資は城を開城したとされるようです。

下 灘 駅
下灘駅ホーム
下灘駅ホーム
下灘駅ホームから伊予灘
下灘駅ホ駅舎
伊予灘
予讃線土手の菜の花
予讃線土手の菜の花

近くの城・関連の城: