但馬 / 亀ケ城



ファイルNo2835

但馬の城は畝状竪堀が多い。亀ケ城の畝状竪堀も明瞭で迫力満点

                            西郭の大堀切

@ かめがじょう 
  亀ヶ城 

A住所:豊岡市但東町太田
    旧:出石郡但東町

B目標地点:
C形式:山城  D比高:120m 
E現況:山林

F遺構等:郭・土塁・堀・堀切・竪堀・畝状竪堀・説明板
G時代/人物:鎌倉期/大田氏?
H満足度: 凸凸+
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  20分

J撮影・訪問時期:2013年11月

  

道案内 

舞鶴若狭自動車道の福知山インタで下り、国道9号線を市内に向かいます。15Km先、野花の信号で右折し国道426号線に入ります。約28km先、出合のT字信号で国道428号線に右折します。5km先左手に「亀ケ城」の大きな標識があり、そこを左折し、50m先の集落内T字を右折し、100mほど進むと左手山裾に説明板が見え、そこが登場口です。

訪城備忘録

この城は山頂部に東の郭と西の郭の二つの大きな郭を中心に、それぞれに付属した大きな副郭を配し、中腹を巡るように帯郭が東西の中心郭を包みながら半周していて、小型ですが、古宮城(愛知県)を思い出させます。見所は西の郭の西側の大きな堀切と西の郭の南北西斜面に配された畝状竪堀です。大堀切から繋がる南北の畝状竪堀は大堀切に連結して三又状になっている形状もめずらしいです。

登城口の説明板
歴史

城史は不明のようです。鎌倉期の但馬守護、太田昌明が築城したと伝承されますが、定かではないようです。ただ、承久の乱(1221年)より太田氏が但馬守護であり、鎌倉幕府滅亡まで守護であったもので、この地は太田氏初期に関わりはあったのは事実のようです。室町期遺構の城史も明確ではないようですが、天正八年(1580年)に羽柴氏(秀長勢)に攻められ落城したとの言われるようです。遺構は戦国末期の城です。何時今の形になったのかも不明のようです。

東西郭間の堀切         畝状竪堀  
現地説明板より           西郭の石積み痕跡?
  
東の郭から南に伸びる尾根上の郭 
南の郭の土塁         竪堀
東の中心郭の土塁      東の中心郭
東の中心郭土塁
東西を分ける堀切
西の中心郭の土塁
畝状竪堀
西の郭の西側大堀切        畝状竪堀
畝状竪堀
畝状竪堀

近くの城・関連の城: