備後/ 福山城



ファイルNo1588


                        伏見櫓    

@ ふくやまじょう 
  別名 久松城・夷陽城 

A住所:福山市丸の内1丁目
B目標地点:JR福山駅
C形式:平山城  D比高:20m 
E現況:公園・市街地

F遺構等:郭・石垣・現存門・現存櫓・復元天守・復元門・碑・説明板
G時代/人物:江戸期/水野氏
H満足度: 凸凸
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  福山駅から10分
J撮影・訪問時期:2006年8月・2012年7月
         2016年10月・2017年07月

  

道案内 

JR福山駅の真ん前です。車では山陽自動車道の福山東インタで下り、福山IC南の信号で国道182号線に入ります。300m先の広尾の信号で右折し県道379号線に入ります。2.5km先奈良津1丁目の信号で左折し国道313号線に入ります。800m先の合同庁舎東の信号で右折し1.2km先が城跡です。
 
訪城備忘録

本丸の内堀内が残っているという感じで、それ以外は市街地になってしまったという感じです。福山駅も三の丸でバスターミナルに掘と石垣がモニュメントのように復元されています。本丸周囲の石垣が残り、伏見櫓と筋鉄御門が現存し、天守、月見櫓、鐘櫓、湯殿などが外観復元されています。
また、三の丸の櫓台石垣が福山駅構内の新幹線高架下に保存されています。
城址碑
歴史

元和五年(1619年)に安芸の福島正則が改易され、備後福山には水野勝成が大和郡山より移封されました。当初神辺城に入りましたが、幕府に許され、新たに福山城を築城しました。幕府より伏見城の資材も与えられ、それを活用し、元和八年(1622年)に完成しました。元禄十一年(1698年)、五代藩主水野勝岑が急死し水野家は無嗣断絶となりました。その後、元禄十三年(1700年)に松平忠雅が山形から入封しましたが、宝永七年(1710年)に桑名に転封し、阿部正邦が宇都宮より入封しました。阿部氏は九代続き、明治維新まで続きました。

   復元天守               復元天守と復元月見櫓
往時の姿(現地説明板)
石垣
本丸西側下石垣
伏見櫓
  
裏手から復元天守                     乾櫓石垣
筋鉄御門
現地案内板                 筋鉄御門
東御門付近石垣
JR福山駅新幹線ホームから
三の丸櫓台石垣  

近くの城・関連の城: