相模 浦賀城



ファイルNo2540


                            

@ うらがじょう 
  別名 

A住所:横須賀市東浦賀町
B目標地点:叶神社
C形式:山城  D比高:50m 
E現況:山林

F遺構等:郭・説明板
G時代/人物:戦国期/北条氏
H満足度: 凸+
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  神社から8分

J撮影・訪問時期:2010年09月

  

道案内 ←叶神社

横浜横須賀道路の浦賀インタで下り、県道209号線を観音崎方面に進みます。浦賀駅前を越えて800m先のY字信号を斜め右に入ります。500m先左手が叶神社でこの背後の山が城址です。
 
訪城コメント

叶神社の本殿横にある石段で頂上まで登れます。頂上部は上下二段の郭のような平坦地と勝海舟が断食をしたと伝わる場所が一段高い場所にあります。背後には郭跡のような平坦地が数段ありますがどこまで城の遺構なのかよく分かりません。説明板のある場所から浦賀水道が良く見えます。ここにペリー艦隊が停泊したんですな。近くの浦賀の渡しそばに旅籠徳田屋の碑と説明板があり、この徳田屋に吉田松陰と佐久間象山が泊まったとの事です。

叶神社
歴史

北条氏康が里見氏に備えるために築いた出城とされます。


勝海舟断食の場所               説明板

ペリー艦隊がいた海

  
観音崎の海岸

             近くの城・関連の城: