相模 小松城



ファイルNo2533


                        主郭の土塁    

@ こまつじょう 
  別名 

A住所:相模原市緑区津久井町太井〜根小屋
    旧:津久井郡津久井町

B目標地点:宝泉寺・芳野台団地
C形式:山城  D比高:30m 
E現況:山林・寺

F遺構等:郭・堀切・竪堀・土塁・碑・説明板
G時代/人物:室町期/永井氏
H満足度: 凸+
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  10分
J撮影・訪問時期:2010年09月

  

道案内 

国道473号線から北に進み城山湖方向に進みます。500m先で右折しトンネルをくぐり芳野台団地に入ります。そのまま直進し団地の端で左折します。一山越えて下るとT字交差点でそこで左折した200m先が宝泉寺で、その裏山が城址です。

訪城コメント

本殿を正面に左手の墓地から山への階段が続いています。尾根まで登り300mも進むと祠があり、ここが主郭のようです。祠の背後の大土塁が残りますが、櫓台のようです。ここからさらに北側の尾根に堀切が三条あるようですが立ち入り禁止でした。大土塁の裏手へ下りますと説明板が設置してあり、説明板のところは不完全ですが堀切、それに続く竪堀が残り、近くにもう一条堀切が残ります。登ってきた西の尾根も城域ですが、郭跡かなと思う平坦地がありますが明瞭な城郭遺構は確認できません。

城址碑
歴史

築城時期は定かではないようですが、鎌倉後期から室町初期に築城されたようで、城主として永井膳大夫の名が史料あるようで、片倉城(八王子市)の支城であったと伝わります。その後の城史も分かっていないようです。


竪堀                    堀切

現地説明板より              説明板と主郭切岸
尾根からの眺望              寺の本堂と城跡の尾根

  
主郭の大土塁                     堀切  

             近くの城・関連の城: