神奈川の城05  

                                                                               

磯部城  2653
上磯辺の土塁の説明板

土塁
御嶽神社

A相模原市南区磯部
B磯部郷土民俗資料館・能徳寺

東名高速道の町田インタから国道16号線を八王子方面に進みます。15km先、淵野辺の信号で左折し、県道57号線に入ります。5km先、上溝本町の信号で左折し、1.4km先の田尻の信号で斜め左に曲がり県道46号線に入ります。8.3km先、新磯小学校入口の信号で右折します。700m先で右折がバスの転換場所(磯辺のバス停)の十字路です。これを直進し、100m先左折、50m先右折とクランク状で進みます。左手が能徳寺です。300m先の左手に公園の駐車場があります。ここから相模川沿いの遊歩道を900m進んだ右手に(途中、相模原市磯部郷土民俗資料館があり、ここからは300m程度)説明板があります。説明板の裏手に遊歩道とは90度で土塁が横たわっています。


C平城
F遺構等:土塁・説明板
G室町期/長尾氏? 
H満足度:凸

城の主郭は能徳寺付近、あるいは、少し離れた御嶽神社一帯ではないかと言われてます。上磯部の土塁は城の北側の土塁の一部と考えられています。この城は長尾景春が小沢城の支城として築かれたようで、文明八年(1476年)の長尾景春の乱で太田道灌に攻め落とされたとされます。
J訪城:2011/06
  
矢部館  2652
説明板
土塁
土塁

A相模原市中央区上矢部4丁目
B薬師堂

東名高速道の町田インタから国道16号線を八王子方面に進みます。15km先、淵野辺の信号で右折し、県道57号線に入ります。3km先の根岸西で左折し都道47号線(町田街道)に入ります。2.1km先、常盤の信号で右折し、800m先左側、薬師堂バス停のところに土塁が残ります。
C平城
F遺構等:土塁・説明板
G鎌倉期/矢部氏 
H満足度:凸
鎌倉期、横山党

武蔵七党という武士団のひとつ横山党も支族で、横山兼続の孫の義兼が当地に移り、矢部氏を名乗った。矢部義兼は建暦三年(1213年)の和田合戦で破れ討死したとされます。

*和田合戦:鎌倉初期、和田義盛を首謀とする鎌倉執権北条氏に対する乱。

J訪城:2011/06
   
淵辺館  2651 
館碑と説明碑
A相模原市中央区淵野辺本町5丁目
B水道施設
東名高速道の町田インタから国道16号線を八王子方面に進みます。15km先、淵野辺の信号で右折し、県道57号線に入ります。2.2km先、淵野辺本町二丁目の信号を右折します。400m先で右折し、30m先を左折した坂を50m登ると左手、水道施設のフェンス脇に城址碑と説明脾があります。

C平城
F遺構等:碑・説明碑 
G南北朝期/淵辺氏 
H満足度:凸
南北朝期に淵辺義博はこの地の地頭であった。義博は足利直義の家臣で、建武二年(1335年)に幽閉されていた護良親王を殺害し、後、駿河で討死したとされます。伝説では親王を奥州石巻のお逃ししたとも伝わります。
J訪城:2011/06