上野 渋川城



ファイルNo2246


                        土塁と堀    

@ しぶかわじょう 
  別名 寄居城 

A住所:渋川市渋川
B目標地点:正蓮寺
C形式:丘城  D比高:−−m 
E現況:寺・宅地

F遺構等:郭・堀・土塁・碑・説明板
G時代/人物:戦国期/真田氏
H満足度: 凸+
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  5分

J撮影・訪問時期:2009年08月

  

道案内 

関越自動車道の渋川伊香保インタで下り、国道17号線を渋川市内方面に進みます。3km先の下郷の信号で左折します。1.5km先の四つ角の信号を右折し県道25号線に入ります。(朝は右折不可ですので注意) 300m先を左折し、200m先の路地に右折し、100m先が正蓮寺です。

訪城記録

街中の細い路地に正蓮寺はあります。車で行くと周囲は住宅密集地のため、見た目は平城のように感じますが、近くの真光寺、渋川北小学校まで行くと丘陵の中腹に城があるのが分かります。訪れた時は周囲を区画整理中で道を広げている最中のようでした。城の遺構としては寺の前の川は堀跡のようです。また、寺の西となりの民家にL字の土塁と掘が、わりと良い形で残っています。

説明板
歴史

元亀三年(1572年)に真田幸隆が白井城の攻撃のために築城したとされます。


寺の前の堀                   正蓮寺

  

             近くの城・関連の城: