上総 坂田城



ファイルNo2042


                          主郭土塁  

@ さかたじょう 
  別名 市場城 

A住所:山武郡横芝光町坂田
    旧:山武郡横芝町

B目標地点:ふれあい坂田池公園
C形式:丘城  D比高:30m 
E現況:山林・畑

F遺構等:郭・土塁・堀・説明板
G時代/人物:戦国期/井田氏
H満足度: 凸凸
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  坂田池公園駐車場から10分
J撮影・訪問時期:2009年03月

  

道案内 

国道126号線の横芝光町本町の信号(総武本線横芝駅の近く)から県道78号線に入り、1.2km先の上町三差路の信号で県道は右折で、そこから1km先の左手が坂田池公園の駐車場、右手丘陵上が城跡です。高速では千葉東金道路の松尾横芝インタを下り、県道62号線を成田方面に進みます。1kmほど先の信号で右折し、道なりに5.5km先右手が公園駐車場、左手の丘が城跡です。
 
訪城記録

千葉県で最初の訪城した城です。関東に仕事で来るようになって、思えば遠くに来たもんだ・・でもないかな?城跡は関東らしい段丘、台地の先端にあり、比高も無く気軽に行けます。主郭周囲、二の郭周囲も空堀は深く、今もきれにな形で残っていて、改変はされているようですが虎口・土橋も見ることが出来ます。三の郭は畑、梅林になっていて、ちょうど梅が満開でした。三の郭から四郭への虎口には二重の堀と土橋があるようですが見てないかも・・。 主郭・三の郭の土塁も明瞭に残っています。

主郭説明板
歴史

築城時期、築城者は定かではないようですが、鎌倉末期から室町初期南北朝時代に千葉氏またはその関連が築城したようです。その後、千葉氏の重臣の三谷大膳亮胤興が城主となったようです。弘治元年(1555年)に井田友胤が三谷氏を攻めて三谷氏は滅亡、坂田城は井田氏の居城となりました。友胤の子の胤徳は主家千葉氏とともに北条氏に従い、天正十八年(1590年)の豊臣秀吉の小田原攻めに際しては小田原城にあり、留守居で守っていた坂田城は無血開城し城はそのまま廃城になりました。


空堀

現地案内板より

  

  

主郭虎口                     空堀
三の郭梅林

             近くの城・関連の城: