豊後/   府内城



ファイルNo1583

                            

@ ふないじょう 
  別名 荷揚城 

A住所:大分市荷揚町
B目標地点:
C形式:平城  D比高:−−m 
E現況:公園

F遺構等:石垣・水堀・復元櫓・説明板
G時代/人物:戦国・江戸期/福原氏・竹中氏
H満足度: 凸凸
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  5分

J撮影・訪問時期:2001年03月

  

道案内  

東九州自動車道の大分インタを下り、県道21号線を東に進みます。2Km先で左折し国道210号線に入ります。1.6Km先でJRを越え、400m先国道10号線を横切り、400m先で右折となり国道197号線に入ります。1Km先左手が城址です。(JR大分駅の1Km北側という位置です。) あるいは、国道10号線中春日の信号で斜め左に入ると400m先が国道197号線と合流します。
 
訪城コメント

市の中心地に内堀部分の堀と石垣、天守台石垣が残っています。また、櫓が復元(復興)されています。この個別ページを作ったのが2007年2月、訪城時期は2001年3月ですから、公園内は変わってるかもしれません。
歴史

慶長二年(1597年)に福原直高によって築城が開始されましたが、慶長四年(1599年)に一部は完成したものの福原氏が改易、代わった早川長敏も関が原の戦いで西軍に与して改易され、慶長六年(1601年)に豊後高田より竹中重利が入封、城を完成させました。竹中氏の改易、日野根氏を経て、万治元年(1658年)に松平(大給)忠昭が入封し、以後、松平氏が明治維新まで続きました。



  

近くの城・関連の城: