丹波 / 八木城



ファイルNo1544

内藤氏の本城

                 主郭下石垣   

@ やぎじょう 
  別名 

A住所: 南丹市八木町八木
     旧:船井郡八木町

B目標地点: 
C形式:山城  D比高:200m 
E現況:山林 

F遺構等:郭・土塁・石垣・堀切・説明板 
G時代/人物:戦国期/内藤氏
H満足度: 凸凸
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  麓の登り口から35分

J撮影・訪問時期:2006年08月・2018年07月

  
主郭土塁

【道案内】    ←登り口

京都縦貫自動車道八木東インタを下り、県道455号線を進みます。600m先の八木東インタの信号で右折し国道9号線に入り亀岡方面に進みます。1Km先で八木駅前の八木の信号です。そこから180m先の点滅信号を右折し県道452号線に入ります。すぐにJR山陽本線の狭い踏み切りを渡ると県道は斜め左折ですが、そのまま直進します。八木小学校のところで道はクランクです。さらに山麓まで進むと春日神社で、その横を100m進むと内藤ジュアンの碑があり、そこを左折します。50m先の縦貫道のガ−ド手前に案内板があり、ガードをくぐると左手に登山道が続いています。
  



【訪城備忘録】

登城道を登り始めるとすぐに重臣の居館跡群があります。何段もの段郭になっていて一部土塁や石塁の痕跡も見られます。登山道は1合目から9合目まで地元の小学校で設置された案内標識があります。6合目付近で対面所の標識で左手に入ると浅い堀切形状と広い郭が認められます。登山道を登ると楽ですが、このまま段郭を登って主郭(本丸)に向かいました。この主郭北側には大きく五段ほどの段郭が認められます。主郭は山頂で南側に土塁が明瞭に残り、東側に堀か帯郭があります。南西には金の間と呼ばれる一郭があり、ここは周りより一段高く若干穴倉のようになっていて、天守櫓だったようです。この付近には石垣の痕跡が認められます。主郭の南東側に下りていくと平坦地があり説明板には馬屋とあります。その先に高台がありU字の土塁の存在する郭になります。この左手を行くと堀切を越え二の郭(二の丸)、さらに妙見宮側に降りる道です。高台の右手を進むと北東支尾根の郭群があります。大きく段郭が三段ほどありその先に前後に段郭を持つピークの郭があります。このピークの郭は案内板では北の郭(丸)とあります。三段目の郭と北の郭にはU字の土塁が認められ、三段目の郭と北の郭の間が堀切状で斜面に石垣の痕跡らしきものが認められます。この斜面には岩をくりぬいた水貯め穴が二箇所あります。主郭(本丸)下まで戻り登山口へ降りようとすると主郭下に一番明瞭な石垣が見られました。その他、説明板をみると南西の尾根、斜面にも郭があるようで、山全体が城郭という感じです。

2018年7月の三連休、猛暑の中登ってきました。前回も8月でしたが、今回は目眩がするような暑さでフラフラの城巡りでした(笑) 内藤土佐の郭、内藤法雲の郭には行けてません。内藤法雲の郭はもうすでに出城のような城域でL字の連郭式で8段ほどの郭があり、城域の両端に明瞭な堀切がありようです。また、いずれかに行って見たいものです。さらに、神前口への谷間を下りていくと中腹に大きな段郭があり、側面に石垣が残り、谷筋は石段の痕跡があります。先端の平坦地には「東・北ノ庄村」の石碑が立ってました。これらは城の遺構は後世か?わかりませんでした。

  
【歴史】

建武二年(1335年)に内藤季継が足利尊氏より桑田、船井を与えられ、その後に八木城を築城したとされます。室町時代中期には丹波の守護の細川勝元は、守護代内藤氏(内藤元貞)に丹波を守らせました。天文二十二年(1553年)に八上城主の波多野秀忠らに攻められ落城、内藤国貞が討死し、直後に松永久秀の弟・長頼(国貞の娘婿?)が八木城を奪回して長頼はのちに内藤宗勝を名乗りました。永禄期に宗勝は討死し、宗勝の子の内藤忠俊が城主となります。忠俊はキリスタン大名として有名な内藤ジュアンです。内藤氏は明智光秀の丹波攻めで八木城は落城し没落しますが、内藤ジョアンは文禄の役で秀吉軍に加わり朝鮮半島へ渡り、朝鮮を経て明国北京に赴き講和に活躍しました。その後は高山右近とともに加賀の前田氏に仕えましたが、慶長十九年(1614年)に徳川氏のキリスタン禁教令により高山右近とともにフィリピンのルソン島に追放され、寛永三年(1636年)にマニラにて没しました。

  
  
主郭東側の堀?・帯郭?
  
二の郭付近から主郭方面
  
U字の土塁
堀切
郭と土塁
現地案内板より(加筆)
主郭からの眺望
  
谷間の謎の石垣
谷間の謎の石垣

近くの城・関連の城:

          

登り口
居館
対面所背後
対面所        大八木但馬の郭
主郭下
馬屋
   主郭土塁          主郭金の間(天守櫓?)
主郭金の間
主郭
二の丸堀切?       二の丸土塁
北東側郭群真ん中堀切の斜面石垣      北東側先端郭の土塁    
内藤五郎の郭
並河重郎の郭(北の郭)
並河重郎の郭(北の郭)
二の郭手前堀切         二の郭
内藤和泉の郭(二の郭)
内藤和泉の郭   堀切   八木玄蕃の郭
麓の東雲寺(居館跡)      城跡遠景