山城 / 物集女城



ファイルNo1218

思いがけない感じで城跡の堀と土塁は明瞭に残る

                                  堀と土塁   

@ もずめじょう 
  別名 

A住所:向日市物集女町中条 
B目標地点: 
C形式:平城  D比高:−−m 
E現況:畑・宅地 

F遺構等:郭・土塁・水堀・説明板 
G時代/人物:−−期/物集女氏
H満足度: 凸凸
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  5分

J撮影・訪問時期:2001年08月・2014年2月

  

【道案内】  

名神高速京都南インタを下り、国道1号線を京都中心部へ進みます。1.4Km先の久世橋通りの信号で左折し県道201線に入ります。2Km先で国道171号線と合流し久世橋を渡り右折して再び県道201号線に入り物集女方面に進みます。<東海道新幹線・東海道線・阪急線を越え>3Km先の物集女街道と交差したところの御所海道の信号を左折し、100mほど行った右手のアパートの奥に説明板があります。そのフェンス向こうに堀が見えます。また、御所海道を直進して西山来迎寺の手前の路地に左折し40m先右折、すぐに左折し60m先の二股を左手に入り80m程行った民家の裏手、畑の奥の竹薮に土塁が残ります。



【現況・訪城記録】

城跡は水堀と土塁の一部をが残ります。主郭は畑となっているものの、その範囲が確認できます。

2014年再訪
10年ぶりに再訪しましたらさらに宅地化が進んだようですが、主郭の畑とそれを囲む堀と土塁の一部はそのまま残っていました。
  
【歴史】

築城年代は定かでは無いようですが、国人物集女氏の居城でした。史料には長享元年(1487年)に物集女四郎右衛門光重の名があるようです。織田信長が山城に進出し、細川藤孝が勝龍寺城に入り支配しますが、物集女氏当主の忠重(入道早久)は藤孝に従わなかったため、勝龍寺城で誘殺されたため、物集女氏は衰退しました。 <現地案内板より>


畑側から土塁・堀のある竹薮を見る

  
土塁
  
  
  
説明板より            主郭側                説明板
主郭内
堀側の説明板                         堀と土塁


近くの城・関連の城: