越中 / 木船城



ファイルNo0066

天正の大地震とその液状化現象で建物が破壊された城

                            城址碑

@ きふねじょう 
  別名 

A住所:高岡市福岡町木舟 
   旧:
西砺波郡福岡町
B目標地点:能越自動車道福岡インタ 
C形式:平城  D比高:−−m 
E現況:田・公園 

F遺構等:土塁・石碑・説明板 
G時代/人物:南北朝期〜戦国期/石黒氏〜前田氏
H満足度: 凸+
I最寄の駐車位置からの主郭までの所要時間:
  1分

J撮影・訪問時期:2000年3月

  

【道案内】 

能越自動車道福岡インタを下りるとすぐの信号が木船です。これを左折し、しばらく進むと右側にあります。


【現況・訪城記録】

周りは田んぼで城跡のところが若干高くなっています。この微高地の端は、さらに少し高まっていて土塁跡でしょうか。また、周囲の水田は堀跡ということになるのでしょうか? いずれにしても明瞭な遺構とは言えません。

【歴史】

寿永三年(1184年)石黒太郎光弘にて築城され、その後、石黒氏の累代の居城となりました。天正九年(1581年)石黒成綱は信長に謀殺され、佐々成政の持城となります。天正十三年 前田利家は弟の前田秀次を木船城に入れるも、10月の大地震で城主夫婦共々城は全壊しました。天正十五年(1589年)に秀次の子の利次が今石動城を築き移り、木船城は廃城となりました。


  
土塁痕跡
  
  

近くの城・関連の城:今石動城 赤丸城